公立高校入試学力テスト

本日は神奈川県公立高校入試の学力テストが行われました。

各教室、受験した生徒が集まって自己採点をしています。

今年度の入試は、全体的に昨年とくらべてやや易化した印象です。

特に、昨年かなり難しかった社会は、出題傾向の変化はあったものの、難易度は大幅に下がったといえます。ここ数年、5科目のうち1~2科目くらいは極端に難化する科目があったのですが、今年度はそういう科目もなく、合計の平均点は昨年に比べて大きく上昇しそうな気配です。

問題そのものの難易度はやや下がったものの、出題傾向の変化は各科目で散見されました。特に数学に関しては、大問の出題順に変化があり、本番で戸惑った生徒も多かったことと思います。事前の授業で、そういうケースもあるからパニックにならないようにと伝えてありましたが、やはり本番は緊張するもの。少なからず得点に影響は出たように思います。

今後、塾生の得点開示の結果や全体の合否などを分析していきます。合格発表の後には、受験を終えた生徒たちのリアルな感想などもアップしていきますので、続報をお待ちください!

2020-02-14 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 学林館web