小学4年生からの家庭学習

ここ数年、小4予科コースを受講される生徒さんが増えています。

特に上にご兄弟がいらっしゃるご家庭では、小学校4年生辺りから勉強の内容がぐっと難しくなってくるのを実感されているからか、その傾向が強いように感じます。「お兄ちゃんも4年生の終わりくらいから算数が嫌いになったから…」「少し早めに塾に通わせておけばよかった」入塾の面談の際によく聞くお言葉です。

小学4年生の算数では、割り算のひっ算や少数、分数などの学習が始まります。

まだ本格的な文章題は出題されないため、この時点で算数がまったくわからなくなるという生徒さんは多くはありません。ただ、算数や数学というのは積み重ねの科目。「なんとなくわかっている」状態で次に進んでしまうと、とたんに「全然わからない」となってしまうものです。

たとえば5年生になると少数の掛け算や割り算も習うことになりますが、4年生で学習した内容が少しでもあいまいなままだと、自分ではどこがおかしいのか気づけないまま、正解を出せなくなってしまいます。少数の掛け算・割り算を正確にこなすためには、それまでに学習した知識を複合して考える必要があるからです。

すでにそれができるようになっている大人から見ると、なぜできないのかと不思議に感じることも多いと思います。我々が生徒に勉強を教える際にもっとも苦労するのは「簡単なことを教えること」です。5年生で少数の割り算につまづいた場合、前の学年にさかのぼって少数やひっ算のやり方も復習しないといけませんが、その間も学校では新しい知識を習いますし、一度つまづいてしまうと、それを取り戻すのがとても大変だということは多くの保護者様も経験されていることではないかと思います。

数年前に小4予科コースを設置したのは、5年生や6年生になって算数が苦手になったという生徒さんの多くが、実はその前の学年から理解があいまいなままなんとなく点を取っているからだと考えたからです。家庭学習の習慣づけと、次の学年に向けて最低限できるようになっていてほしいこと、それらを定着させるために小4予科コースを設けてあります。

あくまで予科コースですので、料金体系も非常に利用しやすいものとなっていますので、4年生になって少し勉強への意識を高めてもらうためにも、ぜひ多くの方に受講してもらいたいと思っています。

小4予科コースについての詳しいご説明はこちらから

 

 

2019-04-10 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 学林館web